今日は「半夏生」

スーパーのチラシをネットでチェックしてたら、
タコの写真とともに

『7月2日は半夏生』

というキャッチコピーが目に飛び込んで来ました。


「半夏生」って、何?



気になったので調べてみました。

「半夏生」は「はんげしょう」と読むそうです。


以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。



 半夏生(はんげしょう)は雑節の一つで、
 半夏(烏柄杓)という薬草が生えるころ
 (ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が
 名前の通り半分白くなって化粧しているようになるころとも)。

 七十二候の一つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、
 かつては夏至から数えて11日目としていたが、
 現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。
 毎年7月2日頃にあたる。

 農家にとっては大事な節目の日で、
 この日までに農作業を終え、
 この日から5日間は休みとする地方もある。
 この日は天から毒気が降ると言われ、
 井戸に蓋をして毒気を防いだり、
 この日に採った野菜は食べてはいけないとされたりした。
 また、地方によっては、毒気などから妖怪ともされ、
 この時期に農作業を行う事に対する戒めともなっている。

 関西ではこの日に蛸を、
 讃岐では饂飩を、
 福井県では大野市などで焼き鯖を食べる習慣がある。

 この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)といい、
 大雨になることが多い。



天候に影響を受ける職業の方々には、こういった暦は重要だったのでしょう。
私は関西在住なので、チラシのセール品はタコだったようです。
これも地方によって違うのかも知れませんね。


何故、タコなのかも諸説あるようで、
こちらのサイトによると、7月2日は“蛸の日”に認定されてるそうです。

 福知山では、「半夏生」にタコを食べます。


今年は予報に寄ると、猛暑を通り越して酷暑になるとか。
暑い夏を乗り切るための先人の知恵を、こういったところで生かしていきたいと思います。


今夜はタコで何作ろっかなぁ〜。



※なお、私が冒頭で見てたサイトでは、
 自分の住んでるエリアのチラシがチェックできて、
 チラシを見て貯めたポイントで懸賞応募できます♪
 インターネットチラシサイト オリコミーオ!


節約の雑学などをもっと知りたい人は→ 人気ブログランキング
posted by やすえ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいもの大好き!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/46374556
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。