ブログって何だろう?

このブログを開設してから8ヶ月あまり。

最初から明確なコンセプトがあった訳では正直なくて、
実はかなり行き当たりばったりで、
でもとにかく自分の興味の方向に忠実に、
色々と書いてきた訳ですが、
自分なりに工夫などを重ねてきた結果、
読んでくださる方も少しずつ増え、
100回以上もお越しくださる方が訪問者全体の1割越えてたりする、
自分でも驚きのサイトに成長してきた、この「モノ語りくらし語り」。

コメントやTBくださる方はもちろんの事、
ただ読んでくださるだけの方にも、感謝の日々です。


実は、今回は、ちょっと気になる記事を見つけましたので、
それについて。


NHKに取り上げられた 女子大生のブログ炎上


ここで取り上げられたNHKの番組を私は見てませんので、
多少偏った意見になってしまうかもしれませんが、
私なりの考えを。


確かに、ここ1年程の動きを観察していると、
“登録ブロガーに記事を書いてもらい、報酬を支払う”
といったブログライター系
(業界ではBUZZ広告と言うそうですが)
のサイトが増えてます。

例えば、

ブログクリップ


BUZZIMP PRESS (バジプレ)

ブログルポ


ブログのカンヅメ


BloMotion


プレスブログ

など、ざっと挙げるだけでも複数ありますし、
ASP大手の
A8.net

でも、通常アフィリエイトの他に、記事エントリーによっての報酬支払いプログラムも実施されてます。


無料で簡単に利用できるブログサービスが増え、
それによって、情報発信の垣根が低くなり、
ブログを始める人たちが増えてきたので、
企業の側は“クチコミ”による広告効果を期待して、
現在、こういったサイトが増えてきているのでしょう。


上記のNHKの番組は、
こういった現状を“ニュース”として取り上げたのだと私は思います。


あとは、これを見た視聴者の側の受け取り方だと思うのですけれど。


焦点のひとつは、
こういったブログライター系の記事を“ヤラセ”と受け取るのか?
という事でしょうか?


上に挙げたブログライター系のサイトのいくつかは、私も登録してますし、
実際にこのブログや他のブログで記事として書いたものもいくつかあります。

下手に物販系のアフィリエイトを頑張るより、
よっぽどすぐに(小額ですが)報酬をもらえるので、
それで登録して、とにかく記事を上げているブログの管理人さんがいるのも事実です。

でも、サイト側の提示する題材を必ず記事にしなければならないという
「義務」はないですから、(いくら報酬をもらえると言っても)書く・書かないの選択は、そのブログの管理人さんに任されるわけです。

私も、サイト側から配信されるプレスリリースを見ても、
・自分のブログのテーマと著しくかけ離れている
・その商品、サービスについて、自分の感覚として消化できない
・その商品、サービスを良いとは思えない
場合には、書いてません。
(単に締め切りに間に合わなくて書けない時もありますが^^;)


なので、私は、こういった“クチコミ”マーケティングについては、
特にヤラセだとは感じてませんし、
サイトからのブログライター依頼に関しては、自分の文章力をつけるための修行の意味も込めて、調べられる事は調べて、積極的に利用するようにしてます。


次の焦点。
番組を見て
「ブログで見て“そんなのがあるのか。いいな”と思って買ったのに、騙された気分だ」
という意見もあるようですが。

ニュースソースが何であれ、購入や利用の決断は、自分でするものだと思うので、それで怒るのは、何だかお門違いな気がします。

自分の信用する人が勧めるから、というのは、
その商品・サービスの利用の動機の一つにはなりうるでしょうけど、
それが全てではないはずです。

長年、販売の仕事の現場に立っていた経験からも感じるのですが、
お客さんは、
「テレビや新聞で見たから」
「みんな買ってるから」
という理由で購入するモノを決める場合がものすごく多いんだな、
と、最初は驚きでした。

だからこそ、モノを売る側は、
様々なマーケティング手法を駆使して、
自分とこの企業や商品の認知度を高めることに
心血を注ぐんでしょう。


同時にライブドアニュースに掲載されていた記事

「女子大生のブログ炎上」に思うこと

とも、多少意見は被りますが、

“インターネットをはじめ、自分の周りに溢れ返る様々な情報の有用性を、見極める目”

というのは、必要なのだと自分自身を振り返っても痛感します。


私にできることは、
“いかに役に立つ情報を正確に伝えるか”
を突き詰めていくことなんだろうなぁ。


あと。

これはもちろん賛否両論あると思うのですが。

ブログ書いてお金をもらうって、そんなに悪いことなのですか?

ブログがブレイクして、
ブログを使ったアフィリエイトが一部で
“カンタンに稼げるらしい”
と噂されて、安易にブログアフィリエイトを始める人が、
ここ1年ほどで劇的に増えてて、
イメージだけが一人歩きしてる感があるのですが…

私自身、このブログ以外で、2年半ぐらい、細々とアフィリエイトを始めとした、いわゆる“ネットを使った在宅ワーク”を色々と手がけてきましたが、そこで思い知ったことは、
“インターネットで稼ぐのは簡単だけど、楽ではない”
ということです。

ポイントサイトで小銭を貯めるのにも、それなりの手間
(メール受け取ってクリックする、とか)
がかかってるし、
ブログを使ってアフィリエイト活動をするにしたって、
記事を書く手間や時間はかかってます。

それに対する対価を得ることが、
悪いことだとは私は思わないんですよ。

本来のアフィリエイトというのは、
モノを売りつけることではなく、
「必要としている人の前に、必要な情報を提供すること」
なのです。
その情報をどうするのかは、その人に一任されるべきで。

私が橋渡ししたことで、その人に益があったことに対して、
対価を得ることは、悪いことではないでしょう。


これは、私がかつて、売れない同人誌作家
(残念ですが謙遜ではない)
だったから、余計にそう思うのかもしれませんが、
趣味が嵩じて作り上げた作品に対して、
対価を頂けることは、ありがたくもあり、
自分の存在を認めてもらえた嬉しさもあるのです。

本当にお金が欲しいだけだったら、
時給いくらのアルバイトする方が、よっぽど手っ取り早いです(苦笑)。



何だか随分長くなってしまいましたが、
自分の立ち位置を自分で確認しておくためにも、
書いておきたくなったので、
あえて書いてみました。

ここまで読んでくださった方がありましたら、
心から感謝します。


節約の雑学などをもっと知りたい人は→ 人気ブログランキング
posted by やすえ at 16:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして。

キャンパスパークのblogにあったリンクから参りました。
自分も今回の出来事について非常に興味深く経緯を見守っております。

自分の考えとしましては、
このような問題は、blog及びインターネットというメディアの出自が大きく関わっているのではないかと考えております。

というのも、テレビやラジオといったものは、当初から権威的なメディアであり、大手企業スポンサーありきで商業的にトップダウンで発展して来た経緯があります。一方でインターネットというのは非常にアンダーグラウンドな時代を経て、消費者生活者といった草の根のボトムアップで成長して来たメディアといえます。

今回2ちゃんねるなどで批判的な声を上げている方々の多くは、市民がようやく勝ち得た市民の為のメディアであるインターネット、blogという文化を、権威的な経済原理によって踏みにじられたと考えているのではないかと思っています。

さらに、blogは「日記の延長」という形で社会に浸透し普及してきたものなので、「個人の正直な話」というのが暗黙の前提になっているところも未だにあるかと思います。

もちろん、今更そんな事は幻想でblogはそれこそ何に使おうが自由なツールである、というのも至極もっともで当然な事なのですが、こうした前提からblogを読んでいる人にとっては、「正直者が馬鹿を見せられた」と感じるのも無理からぬ事なのでしょう。

加えて、空白という空白が広告によって埋められつつある昨今、広告そのものに対する反発というのも社会に潜んでいるのかもしれません。自分も今回の事に限らず、消費者金融やパチンコのCMや看板が普通に街中に溢れているのには強い疑問を感じます。法律や権利として「良い」「悪い」だけでなく、社会全体をデザインするという視点において、広告のモラルや倫理というのも常に議論し続けなくてはいけないのだと思います。

ともあれ、今回は、あたかも何の報酬も受け取っていないようにテクニックを弄して広告内容を仕込んでいたというところが一番の問題だったのだと思います。

また、今回やり玉に挙がった女子大生が受け取っていた報酬というのが、普通の大学生が一般的なアルバイトで稼ぐ平均的な給料に比べかなり高額だったという事も反感を買ってしまった一因なのでしょう。

いきなりの長文、大変失礼致しました。
Posted by プレーリー at 2006年11月11日 00:40
「騙された」と騒いでる人たちは、たぶんプロのライターじゃないから記事もひも付きじゃないという短絡した図式があるのだと思います。
まぁ、本来の草の根報道的なweblogとしてはエントリがひも付きじゃないという図式は当てはまったんでしょう。
これは、いまだに根強く残っているThe Internet=草の根情報発信ツール信仰と同根でしょうね。大元には軍事技術が使われているのに...。

現状ではブロガーと業者の中に既存の一対多の情報発信の流れ(とお金の流れ)をweb上に持ち込んで来るものが出て来たのに、受け手の意識がまだまだ個人サイト=あくまで非営利なので、そのギャップ上で炎上してるんだと思います。
今まででも情報が集まるサイトには関連スポンサーがついて、お金を落としているのになぜかそこは無視されがちです。

いまのところ、レビュ−を書くブロガーはまず批評眼を鍛えて(女子大生ブログの広告効果を取材した別の番組で「そのブロガーはその商品をレビューするに足る知識を持ち合わせているのか?」という指摘が権威主義なゲストから出されました)文章力を鍛えると同時に受け手の情報リテラシーに合わせて広告や依頼記事であることを明示しておく必要があるのかと思います。

わたしが何かとちくるって広告っぽいブログやるならタイトルは「ひもつき」で決まりですわ(笑)
Posted by まりあ at 2006年11月11日 01:10
こんにちは。
ランキングからきました。
私は面白ブログを目指してますが、最近ブログライター系のサイトの紹介もしてます。
良ければ遊びに来てくださいね。
http://replay.blog58.fc2.com/
Posted by 名もなき詩人 at 2006年11月14日 14:26
突然申し訳ありません。
ブログ専門検索&コミュニティサイト「ぶろぐひろば」です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトに参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
出来て間もないサイトですが是非ご参加をご検討ください
Posted by ぶろぐひろば at 2006年11月14日 17:45
他にもブログ記事型アフィリエイトは色々ありますよ☆
当サイトでは全てのブログ記事型アフィリエイトを比較紹介しています。
http://www.blog-affili.com/
お得なのを色々紹介していますので一度見に来て下さいね☆
Posted by ブログ記事型アフィリエイトの比較サイト at 2006年12月02日 18:21
バジンププレスの他にもブログ記事型アフィリエイトは色々ありますよ☆
当サイトでは全てのブログ記事型アフィリエイトを比較紹介しています。
http://www.blog-affili.com/
お得なのを色々紹介していますので一度見に来て下さいね☆
Posted by ブログ記事型アフィリエイトの比較サイト at 2006年12月02日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27102866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。