風呂の残り湯の行方

うちのお風呂は追い炊きができません。

なので、お風呂の残り湯の使い道に、色々悩むわけです。

洗濯に使うにも、独り暮らしの洗濯物の量では限界があります。



ミクシィで、節約系のコミュがあったので入ってみたのですが、そこのトピの書き込みを見ていると、凄まじいほどの努力を皆さんされてらっしゃいました。
「趣味:節約」なんて当分胸張って言えなさそうな私です。

とりあえず、少し前に15リットル入るバケツを買ったので、

洗面器でバケツへ残り湯を汲み→トイレへ運ぶ

→用を足した後に使う

というサイクルで、ちまちま使ってます。

確かに手間はかかるけど、一度浸かっただけの残り湯を流してしまうのはどうも心が痛いので、使い道を模索してます。

でもこれやってみて、トイレの水って一日にすごい量流してるんだと実感しました。


節約の雑学などをもっと知りたい人は→ 人気ブログランキング
この記事へのコメント
うちも風呂釜がなく、給湯器でまかなうタイプです。
うちのあたりは「近畿の北陸」なので、冬場なんかお湯を出しっぱなしにしないとすぐに冷えてきます。
洗濯に使っても湯船に半分残ります。
湯船を洗いながら流す時は「合成洗剤を大量に含んだ他の家の排水を薄めてあげてるんだいっ」と言い聞かせてます。
こんどトイレ掃除に使ってみます。

赤潮の頃から比べて全国的に水質がきれいになったという報告が多いけど、みんなが水をガンガン使って洗剤とかが薄まったんではないかと邪推してます(笑)
Posted by まりあ at 2006年05月19日 12:14
ミクシィのコミュ見てたら、すごい人になると

風呂の湯
 ↓
洗濯
 ↓
トイレ

の使いまわしをしてらっしゃるそうです。

余談ですが、私は洗濯は「洗濯石」+「石鹸or重曹」派です。
キャンペーンの景品で合成洗剤もらっても困ったりしてたり。
Posted by やすえ at 2006年05月20日 14:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。