交通費の節約方法

私はお出かけするのが大好き!
悩みのタネは交通費。

通勤・通学はもちろんですが、
「ちょっと友達と会う」
「遊びに行く」
のにも、交通費ってかかってきます。
歩きや自転車だけで行けるところだけで生活できてたら良いのですが、なかなかそんな訳にも行きません。

自動車の運転免許証を持っていない私の交通手段は、専ら電車・バスになってしまうので、
「プリペイドカード」
「回数券」
などを駆使してます。
私が実行している節約方法は、そんなに目新しいものだとは思ってなかったのですが、少し前に行きつけの整骨院の先生と世間話をしてたら、
「そんな方法知らなかった!」
と賞賛の嵐(大袈裟^^;)だったので、もしかしたら少しでも役立つ情報かと思い、ここに紹介します。

(なお、世間には「そんなん知っとるわ」という方も大勢おられるでしょうから、そのあたりはご容赦を)


●プリペイドカード

料金前払い方式の磁気カード。
JRなら「オレンジカード」「Jスルーカード(JR西日本)」、関西主要私鉄なら「スルっと関西カード」、首都圏主要私鉄なら「パスネット」、等など、全国で様々なものが発行されてます。
これらのメリットは、「小銭を持ち歩かなくてすむ」「(カードによっては)そのまま改札に通せる」等ありますが、一部のカードを除き、金額的なおまけはありません。
つまり、額面1000円のカードは、1000円きっかり分しか使えない、ということ。

じゃあ何でわざわざプリペイドカードを使うのか、というと、これらは街の金券ショップで、少しだけ安く販売されてたりするので、私はそこから購入して使ってます。
何故金券ショップで安くなるかは次の機会に譲るとして、例えば1000円のカードを990円で買えれば、差額の10円がお得になります。
「たった10円のために手間かけるヒマはないわいっ!」
という方もおありでしょうが、この超低金利時代、10円の利息をもらうために銀行に最低限預けなければいけない金額を考えてください。
私なら…手間を選びます^^;

ただ、金券ショップでの販売価格は、同じ商品でも店によって、また在庫状況によって、かなりの差があります。
「この値段なら買い!」という自分の指針を持っていれば、賢く節約できるでしょう。
ちなみに、私の基準は「5000円のプリペイドカードが4915円なら買い」です(2006年1月末現在)。

このプリペイドカード、電鉄会社によっては、回数券購入にも使えたりするのです。
回数券の詳細は次回に。


節約の雑学などをもっと知りたい人は→ 人気ブログランキング
posted by やすえ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通費の知恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。